​試験公開中(工事中!)

専門家の現地派遣による

HACCP

​導入支援

2020年4月より食品取扱い事業者(食品製造業者、飲食業者など)に対してHACCPの導入が義務づけられ、2021年6月にはHACCPに沿った衛生管理の制度化が完全施行されます。1年間の経過措置はありますが、これにより、食品衛生に対する消費者、大手事業者の要求は高まることが予想されます。

福岡県中小企業振興センターでは、県内の食品取扱い事業者に対するHACCP導入の支援を行っています。食品製造やHACCPに精通する専門家を貴社に派遣し、現場スタッフを巻き込んだ衛生管理体制の構築をお手伝いします。

公益財団法人福岡県中小企業振興センター   |   福岡市博多区吉塚本町9-15 中小企業振興センタービル6階

生産性向上(5Sの徹底)

HACCPを導入するにあたっては、製造業の基本である5Sをしっかり行うことが有効です。

そして、これは貴社の生産性を向上させ、利益の確保に寄与するでしょう。

HACCP導入・運用

HACCPの導入はもちろんのこと、その運用まで見据えた支援を行います。

そのカギはしくみの見える化、そして現場スタッフの理解と協力です。

リーダーの育成と
チームの強化

現場スタッフを含めてプロジェクトチームを作り、チームを支援することでリーダーの管理能力と現場での展開力を養います。

支 援 事 例

shutterstock_183702938.jpg

写真はイメージ

北九州市 パン製造業

プロジェクトチームを組成、10回にわたり現場改善を行いながらHACCPの基礎を構築。

当初はベテラン従業員が抵抗勢力となると思われたが、プロジェクトチームによる改善案に対して前向きな反応があった。記録、帳票類の整備には慣れない面もあったが、現場従業員もその必要性を認めており、比較的短期間で最低限の書類が整備された。

HACCP認証取得のための要件整備はもちろん必要だが、従業員のモチベーションが向上すること、現場の生産性が改善して経営力が向上することの重要性も認識された。

​事 業 概 要

≪ 支援回数 ≫ 5~10回

≪ 費    用 ≫ 11,200円/回(企業様ご負担金)

≪ 専 門 家  ≫ 下記ヒアリングの後、当センターにおいて支援内容に適するアドバイザーを選定

​≪支援の流れ≫ ヒアリング、現地調査等の後、専門家とのマッチングを行い支援計画(成果目標と改善ステップ)を

        作成します。企業様ご負担金の入金確認後、専門家派遣が開始いたします。

​まずは、下記『お問い合わせ先』までお気軽にお問い合わせください。

​お問い合わせ先

公益財団法人 福岡県中小企業振興センター

  福岡市博多区吉塚本町9-15

  中小企業振興センタービル6階 企画調整課

  TEL:092-622-5432

  FAX:092-624-3300

  E-MAIL:senmomka@joho-fukuoka.or.jp

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now